みかんずきの日記(みかんずき・梅雨の日記)

気ままに投稿してるブログです。(気まま過ぎて不定期更新になってます…)ちなみにブログ名の元ネタは、ダイアリーに存在した同名のブログより(ダイヤリーから移行したので現在は消滅しています。)リアルの事についてが大半です。

20190712161355

道についての日記。第27回「新東名高速道路の最高速度」

f:id:atushi0820:20201125131229p:plain
※今回は「道についての日記。」第25回のその後の話です。
atushi0820.hatenablog.com
2020年11月25日、NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)は2020年12月22日に【E1A】新東名高速道路御殿場JCT〜浜松いなさJCT間145kmの6車線化事業が完成すると発表した。と同時に静岡県警が御殿場JCT〜浜松いなさJCT間145kmについて12月22日に最高速度時速120キロメートル(120km/h)へ正式に引き上げると発表した。

まさかの年内引き上げとは思わなかったです…(´・ω・`)

道についての日記。第26回「NEXCO2社の最近の動き」

NEXCO…高速道路株式会社(Nippon Expressway Company Limited)は設立から今年で15年となります。つまり、日本道路公団(Japan Highway Public Corporation)が解体されてから今年で15年というわけですが、首都高速道路公団阪神高速道路公団本州四国連絡橋公団の3公団も含め民営化後各社は一応民営化した事もあり各社は時々強調しつつ各社ごとに文化をもっていく事となっていきました…。
今回は、そんな高速道路株式会社の中でNEXCO中日本中日本高速道路株式会社、Central Nippon Expressway Company Limited)とNEXCO東日本東日本高速道路株式会社、East Nippon Expressway Company Limited)の2社関連の話です。

NEXCO中日本

NEXCO中日本のサービスエリア関連会社である中日本エクシスは、2020年10月22日から東名高速EXPASA海老名と港北PAのそれぞれ下り線のフードコート(EXPASA海老名の吉野家などでは不可)でアプリによるモバイルオーダーサービスを始めました。なお、このアプリによるモバイルオーダーサービスの元となったものは、以前中央道の石川PAでやっていたブラウザ型のものと考えてるんですけどどうなんですかね…。

なお、決済手段はクレジットカード・デビットカード銀聯alipayです。

NEXCO東日本

NEXCO東日本と公益財団法人日本道路交通情報センター(JARTIC)は、共同である実証実験を2020年10月29日から開始しました。それが、アプリによるハイウェイラジオの多言語化サービスです…。機械翻訳読み上げなので、アクセントが異なったりガバガバかもしれないですが、アプリ以外にJARTICの実証実験サイトでも聞けるので、割と楽しいです。あ、デメリットとしては、操作するとながら運転になるので、同乗者の方に頼むか音声操作を…。

終わりに

なんとなく最近の高速道路会社の話を書いてみましたが、これからどうなるか、注視してゆきたいですね…。

プレスリリース

道についての日記。第25回「最高速度 時速120キロメートル」

f:id:atushi0820:20200917193939p:plain
長年日本の道路は、警察庁の意向もあり最高速度の制限が時速100キロメートル(100km/h)*1でした。今回はそんな「最高速度」についてのお話です。

高速自動車国道における時速120キロメートル化の正式認可について

NHK(日本放送協会)や岩手日報によれば、2020年9月16日に【E4】東北自動車道花巻南IC~盛岡南IC間の約27kmの区間が正式に最高速度120km/h*2に定められたのです。これは日本初の事例となり、日本の道路史に残る重大ニュースとなりました*3

最高速度見直し

冒頭で書いたとおり、日本の最高速度は警察が管轄となっているため、道路を管理している都道府県や国交省、高速道路会社には権限がありません。何か悪天候や工事などで50km/hなどの指定が可能なぐらいです。そう考えると、今回の件は道路研究家や道路の専門家にとっては悲願であることは恐らく事実でしょう。

ただ、普通の人からすると、「事故増えるでしょ」とか「諸外国ではむしろ80km/hに下げる方向に行ってる」といった鋭い指摘が出ていますが、果たしてどうなるのかというのは課題であるものの、「事故が増える」という指摘は今回の正式認可区間では

「試行期間中に事故率の増加はみられなかった」(複数報道による岩手県警察の発表とするもの)

と、述べられており、少なくとも当該区間では特に問題が無かったようです。

終わりに:今後の「120km/h」の展開

今後120km/hが正式となる区間は現在試行指定されている【E1A】新東名高速道路新静岡 IC~森掛川ICを含む新東名高速道路の御殿場JCT~浜松いなさJCT間が最有力とされており、共同通信などの報道によると東北道の浦和~佐野SAスマートIC間、【E6】常磐道柏IC~水戸IC間、【E51】東関東道千葉北IC~成田JCT・IC間の名前が報じられているが、今後どうなっていくかはまだまだわからないようです。

あと、重要なことを忘れていました。大型貨物自動車などは法定最高速度80km/hのままですのでご注意を。

出典

  • 高速道の速度、一部120キロへ 4路線先行、時期は調整 | 2020/7/22 - 共同通信 this.kiji.is
  • 最高速度120キロ 正式運用 花巻南-盛岡南IC16日から | 岩手日報

www.iwate-np.co.jp

  • 全国初、最高速度120キロ 岩手の東北道、16日から(共同)

this.kiji.is

www3.nhk.or.jp

*1:マイルにすると62.13712mph

*2:マイルにすると74.56454mph

*3:しかしながら、当該区間の一部である花巻(はなまき)インターチェンジ(IC)~盛岡南(もりおかみなみ)IC間のうちの約3kmの区間で2020年9月23日から11月12日まで高速道路リニューアル工事が行われるため、リニューアル工事中は当該工事区間では50km/hとなるのだが、日本の風習では速度規制はインターチェンジ間一括で行われる事が多いことから50km/h区間は長めとなる見込みである。

雑ニュース特集「オンラインゲームと保護者の監視」

atushi0820.hatenablog.com
うごくメモ帳3Dといつの間にか交換日記、この2つの3DSソフトがサービス終了に陥ったのは、当ブログ内では「女児がおっさんと知り合ってホテルに連れ込まれた事件」と「女児が淫らな画像をおっさん等に送信させられた事件」とされています。この事件以降、任天堂は啓発CMをガンガン作成し、テレビCMとして放送していくなど「保護者の監視機能」についての広報活動をしていったのでした…

しかしながら、オンラインゲームが出来るのはゲーム機だけではなくスマートフォンタブレット端末、PCでもできるわけです。それを果たして保護者は監視出来るのか…という問題があります。

例えば、MicrosoftXboxLiveでは、デフォルトで18歳未満のオンラインゲームのプレイを禁止として、別途保護者が子供を監視出来る機能で許可を与えればオンラインゲームのプレイが可能という形を取っていますが、Yahoo!知恵袋には「Minecraftのマルチが出来ない」「保護者の監視機能を回避するには?」といった質問で溢れており、回避方法の回答も寄せられている事から、なかなかに難しいのではないかと思われます…。
当記事の元ネタ:オンラインゲームは親の目の前で(NHK首都圏)
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200907/1000053614.htmlwww3.nhk.or.jp
(アーカイブ:https://web.archive.org/web/20200907121604/https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200907/1000053614.html)

道についての日記。第24回「カントリーサイン」

カントリーサイン…高速道路上ではうるおい標識やふるさと案内標識と呼ばれる市町村境に設置されている標識とされてきた…。今回はそのカントリーサインについてのお話。

カントリーサインの正体と騒動

カントリーサインの正体は長年「正式には『市町村案内標識』である」とされてきたが、標識令と呼ばれる「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和三十五年総理府建設省令第三号)」にいわゆるカントリーサインは存在しないのである。そして、最近、ある地域においてカントリーサインの撤去や不設置の傾向が見られた事から、法令外標識の不設置に舵を切ったのではないかといった騒動に発展していったのです。高速道路上で境界を示すもので法令内となっているのは「都府県案内標識」ただ1つであり、「市町村案内標識」は高速自動車国道などでは設置が定義されていないものとなっているのです。

一般道の「市町村案内標識」

そもそも論として、一般道においても「いわゆるカントリーサイン」はこの標識令に該当しない標識であり、イラストが描かれた市町村案内のものがカントリーサインと呼ばれている。そもそもカントリーサインという呼び方は北海道で用いられていたものである。

では、標識令に規定されている「市町村案内標識」は、山梨県大月市の例を文字で表すと「大月市」というものと特例で「(市章) 大月市」の2つの形態が認められており、つまり、法令では風景やイラストは認められていない状態のようで…。

終わりに

近年の多くの事故やニュースなどによって標識について見直しが行われています。「タイヤチェーン装着車以外通行止め」など標識が追加される事例もありますが、ことカントリーサインが正式な標識にはならなそうな気がします…。

暑い

今週のお題「暑すぎる」
最近ものすごく暑いので汗が止まらないんですが、日陰がないので対処に迷ってます…最悪、アイスとか食べるのも良いのかも…(エアコンの温度を下げるかのジレンマ)

道についての日記。第23回「鮎沢PAの謎のランプ」

最近、高速道路では多くの大規模修繕工事…いわゆる特定更新事業や「リニューアル工事*1」が行われている。そんな中、東名高速で最後の開通区間*2というのが大井松田IC~御殿場ICであった。ということで今回はその区間にある鮎沢PAの話です。

区間の概要と今回取り上げる物件について

大井松田IC~御殿場IC間は、東名高速道路内では80km/hの速度規制が行われるほど限界な区間であり、土休日には渋滞箇所の最後の地点となる事が多いして有名な場所ですが、渋滞対策として1991年から上り線が3車線の新線になっていて下り線が旧上り線を含めた2+2車線の旧線となっています。つまり、この区間の2+2の下り線は「東名高速道路全線開通〇〇周年」分の歴史を持っていることになるわけです。で今年2020年は東名高速道路全線開通51周年なので橋梁などは51年間の様々な事象による影響によって劣化を起こしている事からリニューアル工事が進められています。そんな区間にはPAとSAが2つあり、1つが足柄SA、そしてもう1つが今回の鮎沢PAです。この鮎沢PAは前述の通り下り線は旧線で下り線であった左ルートに、上り線は新線を作った際に新施設が作られ移転した形となっています。

で、今回の物件は、鮎沢PA前の左カーブ70.5~71Kp(キロポスト)付近に作られた右ルートから左ルートへのランプウェイと鮎沢PAの先72.8Kp付近に建設中の左ルートから右ルートへのランプウェイです。でまあこの物件の正体はという話ですが…

ランプウェイの正体と活用方法

このランプウェイは鮎沢PAのランプウェイです。ただし、このランプ、特定更新事業…つまりリニューアル工事に使うために建設されたものであり、それを裏付けるように2020年7月14日、2020年秋のリニューアル工事の工事内容と日程が示されたのです。
www.c-nexco.co.jp

この発表に添付されている資料によれば、「今回の東名リニューアル工事では、大沢橋、鍛治屋敷第3橋、酒匂川橋、大沢川高架橋、富沢第二橋、荒久橋、春山川橋、江尾橋、中村高架橋、堰沢橋(計10橋)で床版取替工事などをおこないます。」と記載があり、この内、大沢橋は山北バス停付近に、鍛治屋敷第3橋は都夫良野トンネル前に、酒匂川橋はその都夫良野トンネルを出た左カーブと富士山の眺望が美しい事で有名な橋梁であり、大沢川高架橋は鮎沢PAの先静岡県内にある高架橋である。東名リニューアル工事サイトにはまだ記載がないのでハッキリと下り線の左ルートの工事かは明言されてはいないものの、サイトの記載などから考えると左ルートの可能性は高いと見られる。

f:id:atushi0820:20200715154044p:plain
鮎沢PA付近のリニューアル工事地点(?)

終わりに

この鮎沢PA右ルート臨時ランプウェイという珍物件がYouTubeなどの動画投稿サイト動画化されるのか、引き続き注視していきたい…

*1:NEXCO中日本NEXCO東日本NEXCO西日本では「リニューアル工事」と称している。なお、NEXCO西日本などで「リフレッシュ工事」と称していたものは混同を避けるためなのか「集中工事」という名称に変えつつあるようです。

*2:渋滞対策の改良工事区間などを除いて

納豆

今週のお題「納豆」
最近納豆をよく食べてるものの、トッピングに迷ってます。ねぎ入れるのもいいんですが、ネギを切るのが面倒ですし…タレとかは、納豆に付いてるタレとカラシで食べてます…

変わる中央線~第4回「高尾駅北口整備事業」~

変わる中央線第4回の1で取りあげた通り、高尾駅周辺整備事業はJR東日本と折り合いが付かず高尾駅北口整備事業以外が塩漬けとなっていた。
atushi0820.hatenablog.com

今回はこの高尾駅北口整備事業に進展が見られたので振り返っていく。

振り返り:高尾駅周辺整備事業

高尾駅周辺整備事業は大きく分けると、

  1. 南北自由通路の新設
  2. 南口の新設と既存南口への導線整理
  3. 北口の整備

の3つで構成されていて、1と2は事業着手がされていないものとなっている。今回のものは、3の高尾駅北口の整備事業」のことである。

高尾駅北口整備事業

高尾駅北口整備事業は、南北自由通路のアクセス建屋の新設、現駅舎の撤去*1、タクシーの待ち合い場所の変更(?)、タクシー乗り場の整理、バスターミナル(バス停、バスロータリー)の再整備などが予定されていた。このうち、今回はバスターミナルの再整備に本着手するため、バス停が明日の7月13日に仮設乗降場に移動されることとなった。


これにより、長らく高尾駅名物となっていたバス転回用の転車台(ターンテーブル)が撤去されることとなった。現計画の事業完成後はもう転車台に頼る事はなくなるとされている。

終わりに:新宿駅高尾駅

高尾駅周辺整備事業では、自由通路の新設とJR駅舎の橋上化で京王とJRで改札が分離、京王線利用者がJR高尾駅構内を通り抜ける事が出来なくなる計画であったが、南北自由通路の着手の見通しは立っていない。そんな中、7月19日に新宿駅では東西自由通路が完成し、京王と小田急のJR線乗換改札口に設置されているJR東口出口専用改札機が18日をもって廃止される。つまり、新宿駅では7月19日以降構内通り抜けが出来なくなるのである。高尾と新宿、駅の規模は異なるが同じものもあったので寂しいような気がする。

*1:移築計画があり、東浅川駅跡の現在東浅川保健福祉センターの第二駐車場と陵南会館として使われている敷地に移築される。

【雑ニュース特集】discordのBotにおける認証制度について

日本時間2020年4月8日の14時ごろ、一部のdiscordのBotの製作者に対しあるメッセージがdiscordの運営から送付された…。
ざっくりといえば「Botの認証制度を開始する」という内容で「100サーバーより多く(101サーバー以上)のサーバーにBotが導入される場合に認証を受けなければ6ヶ月後*1には新規導入が不可となる」という内容であった。認証制度の内容としては、Bot開発者の身分がはっきりしている事を確認するための本人確認書類の提出とBotのセキュリティーについての認識を問うものとされた。
blog.discordapp.com

しかしながら、日本のBotの開発者の多くが未成年で本人確認書類…特にパスポートやマイナンバーカードを持っていない事から本人確認の手続きに進めないという問題が発生した。

日本国の本人確認書類と今回の問題について

日本国では一般的に本人確認書類というと法令の「旅券法施行規則第二条と第二条に関連する別表第二に記載されてるもの*2が一点だけで本人確認書類として成り立つとされる。しかしながら、今回のdiscordの認証制度に必要な本人確認書類は、パスポート(旅券)、運転免許証、諸外国のIDカード、滞在許可証ID、日本国の在留カード特別永住者許可証、日本国の個人番号カード(マイナンバーカード)の7つのみであるとされた。中高大学生として一番取得が楽なのはマイナンバーカードですが、生きていく上で例えば携帯電話の契約であっても健康保険証(と住民票)だけで済んでしまっている事、マイナンバーカードを要求される場面とするともう、特殊な場面では秘密保持契約(NDA)を締結したなどの特殊な契約を結ぶのに必要になる(義務違反を犯した際に訴訟などを行う目的で個人情報を保持するような必要がある)何とも危なげなケースや郵便物のうち特定事項伝達型と呼ばれる特殊な郵便物の受取*3などに要求されるぐらいである。

結論としては、マイナンバーカードを手に入れる未成年は、もちろん親の許可をもらって申請するケースがあるとは思いますが、一部として闇申請…discordに要求されたからや、毒親から逃れようと親権者に内緒で金庫から通知カードを盗んでスマホで証明写真を撮影して申請した人、親がいないうちにセーフティーネットなどに駆け込んで申請する人もいるとは思います。しかしながら多くの未成年は親の反対によりマイナンバーカードを作れなかったり、作ったとしてもこのようなサービスにはたして個人情報を提供して良いのかと悩むなど申請できない状態にあるのは確かです。

discordの運営としては6ヶ月の移行措置期間を設けているのでマイナンバーカードを取得しろという感じであろう事はほぼ確定ですが、一応諸外国では国民全員もしくは一定の年齢以上の国民に番号を付与しそのIDカードを携帯する義務を課している国家があり、IDカードが比較的入手がしやすいのかもしれません…

*1:恐らく日本時間2020年10月7日から8日14時ごろとみられる

*2:住民票または日本国旅券、官公庁(独立行政法人特殊法人及び地方独立行政法人を含む。)がその職員に対して発行した身分を証明するに足りる文書で当該職員の写真をはり付けたもの、運転免許証、船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、宅地建物取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証、認定電気工事従事者認定証、特種電気工事資格者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、運航管理者技能検定合格証明書、動力車操縦者運転免許証、教習資格認定証、警備業法第二十三条第四項に規定する合格証明書、個人番号カード、写真付き身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)、運転経歴証明書(交付年月日が平成二十四年四月一日以降のもの)

*3:なるべく一般的な事例にすると、銀行口座を開設する際にネット申込の場合にネットの時点でマイナンバーカードを要求されることがあるが、キャッシュカードを受け取る際にも主要郵便局から呼び出しの郵便が届き、マイナンバーカードを持って主要郵便局で受け取るという事例が存在するらしい。(イオン銀行のサイトの記述)