みかんずきの日記(みかんずき・梅雨の日記)

気ままに投稿してるブログです。(気まま過ぎて不定期更新になってます…)ちなみにブログ名の元ネタは、ダイアリーに存在した同名のブログより(ダイヤリーから移行したので現在は消滅しています。)リアルの事についてが大半です。

20190712161355

道についての日記。第35回「中部横断道全線開通」

今週のお題「寿司」

f:id:atushi0820:20210722174537p:plain
イメージ

突然ですが、山梨県といえば何があるのかと考えた時に富士五湖とか出た後にあがるものの1つに寿司屋を挙げる人がいるかもしれません…。

そう、山梨県は内陸県であるのに寿司屋や寿司の消費量が多い県として知られているのですが、寿司屋が多い理由として、道路網が関係し、現在の国道358号に当たる中道往還や以前取り上げた須走道路・御殿場バイパス東富士五湖道路を含む籠坂峠を通る現在の国道138号及び御坂峠を通る現在の国道137号が古くから*1魚の輸送路であったとされています…。

そんな山梨県静岡県の古い道の1つに当たるのが今回取り上げる駿州往還の後継っぽい国道52号に並行する「高速道路」中部横断自動車道です。

山梨県静岡県の関係

山梨県は清水港に県有地を持っている*2ほど明治の廃藩置県後も静岡県山梨県の結び付きは強かったわけで、中部横断自動車道のような高速道路が整備されるのは、もはや当たり前のように感じてしまうので、必要性は高いと考えられます

中部横断道

中部横断道は全線が有料ではなく、一部が無料の新直轄区間となっている高速道路です…。日本道路公団が全線を建設出来ずに国・都道府県に投げたという一般的には採算が取れないという路線です。それでも、重要な路線ではあると思いますが…

終わりに

山梨県で寿司食べた事が無かったので、正直食べに行きたいですね…。中部横断道山梨県静岡県区間全線開通は2021年8月29日日曜日の16時(午後4時)の予定です。

*1:武田氏滅亡後の徳川家が入った江戸時代頃から寿司文化が始まったとされる

*2:現在では必要性が非常に疑問な清水港県有地問題となっているとかいないとか…

道についての日記。第34回「みちラジ、西へ。その2」

f:id:atushi0820:20210721150346p:plain
※「道についての日記。第33回」の続報ですatushi0820.hatenablog.com

NEXCO中日本AndroidスマートフォンiPhoneアプリ「みちラジ(Michi-radi)」は、2021年7月20日からサービスエリアが拡大されたのですが…というお話

みちラジ、西へ。

NEXCO中日本は2021年7月20日、みちラジのサービスエリア*1を長野・静岡県方面へ拡大させ、概ね下記の通りとなったそうなのですが…(赤字下線は拡大後の新規エリア)

アプリ内ヘルプページの相違

しかしながら、今回のエリア拡大、アプリ内ヘルプページでは上記のうち中部横断道や河口湖線の記載がないなど若干よくわからない事になっているのと、上記のうちNEXCO中日本ホームページの資料でも「新清水JCT〜清水JCT(清水連絡路)」、「浜松いなさJCT〜三ヶ日JCT(引佐連絡路)」が対象区間なのかよくわからないのです…うーん…。

おわりに

今回エリア拡大がされたみちラジですが今後どの路線が対象区間入りするのか楽しみですね…。そしてNEXCO東日本の「E-ハイラジ」ってオリンピック・パラリンピック後どうなるんですかね…

参考文献など

*1:情報提供の対象区間

インターネットの思い出

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

私が初めてインターネットを触ったのは多分小学校のパソコン教室だったと思いますが、よく覚えてないのです…。ただ、「はてな」との出会いは「うごメモはてな」だった事は確かです。うごメモはてなから始まってMiiverseはてなダイアリーはてなブログはてなブックマークと使っていき最終的にカクヨムまではてなに関係するサービスを使っているわけですが、使い続けてる理由が初めてのサービスだったからなのかもしれませんが…。

思い返してみても、「はてな」がきっかけで出会ったインターネットサービスが多かった気がします。

道についての日記。第33回「みちラジ、西へ。」

f:id:atushi0820:20210208151216p:plain
※「道についての日記。第29回」の続報ですatushi0820.hatenablog.com

NEXCO中日本AndroidスマートフォンiPhoneアプリ「みちラジ(Michi-radi)」は7月1日現在、[E1]東名高速東京IC〜御殿場JCT間、[E1A]新東名海老名南JCT伊勢原JCT間、[E20]中央道高井戸IC〜大月JCT間と[C4]圏央道海老名南JCT〜八王子JCT間の東京近郊100km圏がサービスエリアとなっていますが、この度、どうもサービスエリアが拡大されるようで…

みちラジ、西へ。

NEXCO中日本は2021年6月30日、みちラジのサービスエリアを7月20日から長野・静岡県方面へ拡大させると発表したのです。詳しいサービスエリアのついては示されてないので一部推定となりますが概ね下記の通りとなるそうで…

八王子の壁

今回のエリア拡大でも圏央道八王子JCTあきる野IC*1には導入される気配がどうもなさそうなのですが、理由として、八王子JCT〜八王子西間が八王子城跡トンネルと恩方トンネルの2つのトンネルが9割で明かり区間*2圏央道北浅川橋ぐらいしかないことから聴取が不可なのではないかと推察してますがどうなんですかね…

おわりに

一部民放のAMラジオ局がワイドFM転換を表明し注目されたAM1620kHz路側放送ですが、国交省がFMシフトが進みAMラジオの聴取車が減ると見込まれることからワイドFM転換構想の資料を総務省のワーキンググループに提出するなど厳しい状況となっていますが、みちラジは今後どうなるのか…。そしてNEXCO東日本の「E-ハイラジ」ってどうなるんですかね…

参考文献など

*1:あきる野ICはNEXCO東日本所属なので川口トンネル以南と言うべきなのかも…

*2:トンネルではない区間

ウーパールーパー(Axolotl)とアホロートル(Axolotl)

MinecraftCaves & Cliffs崖と洞窟のPart1アップデートが日本時間2021年6月9日に公開される。何故「Part1アップデート」なのかについては置いておくとして、今回のアップデートでは様々な要素が追加されるが、その中でも「Axolotl」という生物の追加が目玉となっているのである。

さて、「Axolotl」は日本ではしばしば「ウーパールーパー」と呼ばれる事があれば「アホロートル」と呼ばれる事があるが、どちらも正式名称ではなく通称で本来は「メキシコサンショウウオ(Ambystoma mexicanum)*1」もしくは「トラフサンショウウオ科(Ambystomatidae)の生物の幼体*2」を指すそう…

ところで「ウーパールーパー」は「商標登録されている商標」という表記が有名ですが、現在は商標登録されていないそうなので「通称」で問題ないそう…*3

*1:上記の「ウーパールーパー」と呼ばれるものの正式名称

*2:上記の「アホロートル」と呼ばれるものの名称

*3:ウーパールーパースーパーカー」という商標が出願されているぐらい

道についての日記。第32回「静岡県道418号須走御殿場線 old National Highway」

f:id:atushi0820:20210409194934p:plain
新御殿場ICの看板に書いてある要素

※第30回の補足的な雑な話です
atushi0820.hatenablog.com
国道138号バイパスの須走道路と御殿場バイパスが明日(2021年4月10日)16時に開通します。それに伴い現道はどうなるのかというと…タイトルの通り「静岡県道418号須走御殿場線」になるわけです。そういう事で今日(2021年4月9日)になって色々情報開示がされたので今回は色々書いてみるという話です。

スペック

  1. 起点:駿東郡小山町須走(区域指定:駿東郡小山町須走字中ノ沢375番1地先)
  2. 終点:御殿場市(区域指定:御殿場市仁杉字中畑ケ731番10)
  3. 重要な経由地:なし
  4. 幅員:7.9~28.5m
  5. 供用距離:5,549.0m(5.549km)
  6. 供用開始:2021年4月10日

私がこれを見て疑問に思ったのは、須走口南出入口の接続路線が何なのかですかね…(起点の位置がよくわからない…)

道路の状態

基本的には国道138号だった道なので、交通量が少なめであれば快適そうな気がしますが、須走道路・御殿場バイパスを通行できない*1自転車や125cc以下のバイクなどが通行する事から場合によってはキツイかも…あとそもそも須走付近は富士学校前の町道などを通る必要があるのも若干面倒そうですね…*2

終わり・参考文献

という事で終わりです。以下参考文献。

www2.pref.shizuoka.jp

  • 静岡県公報 第199号(令和3年4月9日)の「道路の区域の決定(静岡県告示第400号)」
  • 静岡県公報 第199号(令和3年4月9日)の「道路の供用の開始(静岡県告示第402号)」

*1:須走道路・御殿場バイパス(ぐみ沢~水土野)は道路法の自動車専用道路。

*2:須走ICから乗った場合、水土野ICまで降りれない

道についての日記。第31回「西湘バイパスリニューアル工事」

【追記】参考文献などを追加(2021年3月31日15時55分)

f:id:atushi0820:20210328142802p:plain
ポスターっぽい何か

西湘バイパス国道1号のバイパス道路で度々台風の際に高波被害を受けるシーサイド路線である。

そんな西湘バイパスですが、全線開通から26年…なのですが、それは石橋支線(早川〜石橋)を含めてなので、本線(西湘二宮〜早川〜箱根口)に限ると全線開通から48年の道路です。
ということで今回は西湘バイパスリニューアル工事について取り上げます。

初めに

今回の西湘バイパスリニューアル工事(2021年春の小田原市区間リニューアル工事)は、とにかく複雑な規制になっていますが、交通が集中する迂回路として、小田原市道0024号線(一夜城下通り)を挙げておきます…あとは「小田原箱根道路」という西湘バイパス箱根口と箱根新道の山崎ICを結んでる国道1号のバイパス道路が迂回路となる期間もあり…とりあえず時期ごとに解説していきます。

規制区間と規制期間

4月2日9時〜4月27日17時

端的に言うと、小田原厚木道路から西湘バイパス(真鶴・大磯方面)に行けない他、箱根口からも真鶴方面に行けないという規制です。迂回路としては、東京からは海老名JCT⇔C4圏央道⇔E84新湘南バイパス⇔国道134号⇔E84西湘バイパス⇔E84西湘バイパス石橋支線が一番メジャーな迂回路ですかね…御殿場・箱根方面からは国道1号(国道138号)⇔国道135号という事になりますが…

5月6日9時〜6月7日9時

このリニューアル工事ではごく一般的な規制内容に落ち着いているものの、特筆すべきなのは料金調整が国府津⇔小田原東に設定されてる点ですね…混みそうなので利用者がいるのか疑問ですが…

6月7日9時〜6月11日17時

6月7日までの規制区間内容に箱根口入口ランプの閉鎖を加えたもの。小田原厚木道路へは箱根新道または湯本から国道1号バイパスの小田原箱根道路の利用を。

6月11日17時〜6月14日9時

箱根口入口の閉鎖が解除。

6月14日9時〜6月18日17時

前述している小田原厚木道路小田原西ICの入口ランプが閉鎖するという期間です。箱根口入口の利用を。

6月18日17時〜6月19日17時

小田原厚木道路小田原西IC入口の閉鎖が解除。

6月19日17時〜6月21日9時

西湘バイパス上り線の本線の閉鎖が解除されるという期間です。これに伴い乗継料金調整も上り線は19日いっぱいで終了します。

6月21日9時〜6月25日17時

小田原厚木道路小田原西ICの入口が再度閉鎖となる規制期間…。

6月25日17時〜7月10日6時

小田原厚木道路小田原西ICの入口の閉鎖および西湘バイパスの早川IC〜小田原西IC間の下り線の通行止めが解除され真鶴方面から小田原厚木道路に行けるようになります。

7月10日6時〜7月17日6時

第10期の最後は小田原〜早川間の下り線の工事…。

感想

10期もあるとかすごい工事なんですが…とにかく多過ぎて文字だけでは伝わらなさそうなので、結構混乱しそうな印象を受けました…。

あと、西湘バイパスリニューアル工事は複数回やるそうでどうなっていくんですかね…

参考文献など

道についての日記。第30回「須走道路 SUBASHIRI Road & GOTEMBA By-pass West Section」

(2021年2月21日9:05)参考文献の加筆と一部記述の変更による更新。
(2021年2月21日9:30)参考文献の加筆による更新。

f:id:atushi0820:20210220151215p:plain
2021年2月19日、NEXCO中日本国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所、静岡県の3者は整備を進めているE1A新東名高速道路御殿場JCT~新御殿場IC間、国道138号バイパスの御殿場バイパス(西区間)および須走すばしり道路の須走口南IC*1水土野みどのIC~ぐみ沢IC間、国道469号御殿場バイパスの一部区間(560m)および静岡県仁杉柴怒田ひとすぎしばんた線の5路線について2021年4月10日に開通(供用開始)する事を発表したのですが……という話について今回は取り上げます。

「東名・中央連絡道路建設促進期成同盟」

今回の5路線のうち国道138号バイパスとして整備されている須走道路と御殿場バイパスは、E68中央道富士吉田線、E68(国道138号バイパス)一般有料道路東富士五湖道路*2と共にE20中央道とE1東名高速道路とを結ぶ連絡道路…圏央道(国道468号首都圏中央連絡自動車道)の(東名と中央道間の)バイパス路線的な性質が大きい道路と位置付けされてるようなのです…。

という事でこの高速道路ナンバリング「E68」の路線は地元の「開通促進団体」が呼称している仮に「東名・中央連絡道」と呼んでおいたほうがいいのかどうかはさておき、バイパス路線なので使う車が増えるといいですね。

f:id:atushi0820:20210220151304p:plain
東名・中央連絡道のイメージ

東名高速道路(御殿場JCT~新御殿場IC)

さて、今回須走道路・御殿場バイパスと同時に開通が発表され事実上の東名高速と中央道を自動車専用道路のみで結ぶ道路になった新東名高速道路ですが、今回の開通は「新御殿場ICから東京方面には行けない開通*3」なので、東京方面に向かう場合は、引き続き東名高速御殿場ICを使う必要がある*4ので、注意が必要かもしれないです。

終わりに

今回の開通は2020年度開通の予定でしたが4月10日と微妙に2021年度開通になりました。これで現在の国道138号の渋滞が減るといいですが…

今回の「道についての日記。」では、「Canva」というサービスで作成したサムネイルや「仁杉柴怒田ひとすぎしばんた線」などの難読地名にルビを振ったりしています。ぐみ沢も実際は茱萸ぐみさわ ですし…。

*1:須走南ICから変更

*2:独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構NEXCO中日本との協定書などで東富士五湖道路国道138号である事が確認可能

*3:新御殿場ICから東京方面は建設中で、御殿場JCTも新御殿場ICから東京方面には行けない構造となっている

*4:新御殿場ICの開通でもしかすると県道に接続している第一入口の需要が減るかもしれない