読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんずきの日記(みかんずき・梅雨の日記)

気ままに投稿してるブログです。(気まま過ぎて不定期更新になってるな…)ちなみにブログ名の元ネタは、ダイアリーに存在した同名のブログより(現在は消滅してます)リアルの事についてが大半です。

雑ニュース派生・道についての日記。第七回「誤走行について」

今回は、GWに突入する季節、高速道路ではトラブルが発生しやすい季節です。今回は2017年4月27日、JAF公式Twitterアカウントが投稿したqa.jaf.or.jpに基づいて「高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったら…」というトラブルについての事です。

このトラブルの対処法

今回は圏央道八王子西I.Cで考えてみます。(結構現地に書いてあるという点もあるのですが)
ある人が八王子西I.Cから流入する際、圏央道の圏央厚木I.Cで降りようとしたのに関越道方面入口(外回り入口)に入ってしまったという状況とします。対処法は、ETC(通行券も含む)で入ってしまった場合あきる野I.Cで降りればいいのですが、ETC無線走行をやってしまうと該当区間の料金を通常であれば徴収されてしまいますが、もしかすると特別な対処をしてくれる可能性があります。それが「特別転回」と呼ばれるものです。この取り扱いの根拠規則は高速道路営業規則 第7章 特別な通行をした場合の料金の第4節第48条となっています。

第48条 入口発券方式の高速道路において、タイヤチェーンの不保持その他利用者の事情により本線上で転回する場合は、当社は利用者が退出するインターチェンジ等(本条において「指定インターチェンジ等」といいます。)を指定します。
2
前項の場合において、指定インターチェンジ等で退出した場合の料金は、転回前の進入インターチェンジ等から、指定インターチェンジ等までの料金とし、指定インターチェンジ等で退出せずに他のインターチェンジ等で退出した場合の料金は、転回前の進入インターチェンジ等から、指定インターチェンジ等までの料金と、指定インターチェンジ等から、退出したインターチェンジ等までの料金の合算額とします。
(www.e-nexco.co.jp)

この対処に賭ける(絶対に行えるわけではない)場合のやり方

  1. 八王子西I.Cの誤流入車案内看板の通りあきる野I.Cで流出を行います。
  2. その際ETCを抜いておき一般レーンに行きます。
  3. 料金所係員に、次の項目に関してきちんと経緯を説明してください。
  4. 料金所係員が他の係員、料金所管理者などと共に協議を行います。(かなり慎重な判断が必要な取り扱いの為)
  5. この取り扱いを行うことが決定した場合、料金所係員の指示に従って転回を行ってください。
  6. 係員の指示に従って流入後は圏央厚木(流出指定インターチェンジ)で出るようにしましょう。

実例

特別転回が行われた事例。

【知っておこう!】上下分離のスマートICで入場ゲートを間違えたら・・・
(掲載許可をもらいました)

最後に

流出する出口を通り過ぎたり、流入するランプを間違えた場合は落ち着いて次の出口で流出するように。この取り扱いは行われない可能性もありますが間違えても逆走してしまうとダメです。きちんと次の出口で相談を!